ズワイガニの種類?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本ズワイガニとは

ズワイガニは、大きく3種類に分けられます。まず、本ズワイです。オピリオ種と呼ばれており、日本人がもっとも親しんでいる種類になります。クチバシの山が3つあるのが特徴で、口の形は丸くなっています。カナダ産のものもありますが、ほとんどは日本で獲れています。そのため、カニ通販で販売しているのは基本的にこの本ズワイガニです。

身は甘くふっくらしています。繊維質が柔らかいので、みずみずしく食感もぷるんとしており、食べごたえを感じやすいでしょう。日本人にとって馴染みの深い味ですから、ズワイガニといえば本ズワイを思い浮かべる方が多いでしょう。

 

大ズワイガニとは

次に、大ズワイです。茹でると赤くなるのが特徴で、主にロシアやカナダなどで獲れます。そのため希少価値が高く、日本でも高級料亭などでしか食べることができません。見た目の特徴は、甲羅がやや横に長く、クチバシの山は4つあります。そして口の形はM字になっており、オレンジ色の目をしている本ズワイに対し、大ズワイは赤色の目をしています。

味は濃厚で、かなり深みがあります。そのため、素材をそのまま楽しむのがベスト。おすすめはかにしゃぶです。

 

紅ズワイガニとは

茹でていないのに赤いことから紅ズワイと呼ばれています。茨城県より北太平洋側で生息しており、一時大量に獲れたことからインスタント食品や冷凍食品などでよく使われていました。一番美味しい食べ方は、茹でることです。そのためしゃぶしゃぶがベストですが、刺身や天ぷらでも美味しいでしょう。

やはり日本では馴染みがあり、フレークやかに棒、かにコロッケなどは紅ズワイを使用していることがほとんどです。カニ通販でも、よく用いられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。